ぜひ窓際に座りたい!バスツアーの席割りで希望を出す方法とは?

バスツアーでの窓側の魅力

バスツアーに参加する場合、旅行先に行くことも楽しみかもしれませんが、もう一つ楽しみなものがあります。それは車窓です。窓から見える外の景色は移り変わりがあり、都会を出発したバスは高速道路を走行すると1時間程度で田舎を走ることになります。高速道路から降りると、景色を見ることができるかもしれません。特にツアーバスの場合は、景色のいいところに行くことが多いため、途中の景色も見逃すことができないでしょう。
その時に、通路側だとしたら興ざめです。窓側にいる人の方を向いて窓の外を眺めることができますが、窓側の人が知らない人だと少し気まずい思いをするでしょう。そこで、窓側の席をどのようにとるかが重要になります。

基本的には希望通りとることができる

バスツアーで窓側の席をとる場合はそれほど難しくありません。旅行会社の担当者に窓側にしてほしいと告げればいいだけです。多くの旅行会社では、座席をえらぶことができるため、窓側の座席にしてくれるでしょう。ですが、窓側の座席をえらぶことができない会社もあります。その会社の事情で、座席を指定することができないことも残念ながらあるわけです。また、窓側は人気があるため、すでにほかの人が予約している可能性もあるでしょう。
バスツアーで確実に希望している座席をとるためには、ツアーのチケットが発売されたと同時に旅行会社に行って予約をした方がよいでしょう。特別人気があるバスツアーは別ですが、たいていは予約を開始したその日のうちに座席が埋まることはまずありません。

日帰りバスツアーを大阪発で申し込みたい場合には、プランの内容にこだわりのある旅行会社の最新のツアーの特徴を調べたり、リピーターの体験談を読み通したりすることが有効です。